ロニー・スキアート

ロニー・スキアート

カモッラ「マルティージョ・ファミリー」の秘書。 口癖は「まあいい」

その実態は「悪魔」。 なぜか「マルティージョ・ファミリー」に居ついている。

いろいろと不可思議な現象をおこせるが、本人曰く「古代に知恵をつけすぎた錬金術師」

ヒューイ・ラフォレットに言わせるとそれだけではないらしい。

「1932」で局地的に活躍するが、必要以上の事はしなかった。