ラック・ガンドール

ラック・ガンドール

ガンドール三兄弟の三男。

フィーロ・プロシェンツォ、クレア・スタンフィールド幼なじみ

「1930」の事件で不死となる。

マフィアらしく動こうとするが、意外と直情な事と非常になりきれない部分があるため、「マフィアに向いていない」とフィーロなどから言われる。

「1932」で行きがかり上、イヴ・ジェノアードダラス・ジェノアードを沈めた場所を教える。

これにより「1933」の事件がおきるのだが、それはまた別の話。