ミリア・ハーヴェント

ミリア・ハーヴェント

「1930」にて一部の捜査官を騒がせた「仮装強盗」。 不死者。

アイザック・ディアン共に行動する。

基本的には善人で向こう見ず、たまに鋭いツッコミを入れることもあるが、大体の場合アイザックの話をどんどん加速させる。 周りには「バカップル」という認識をされている。

しかし、「バッカーノ!」においてこのカップルは出てくる時は常に中心になる、というか周りが勝手に巻き込まれる為、割と騒動が絶えない生活を送っている。

「1930」で酒宴に参加し、『不死の酒』を飲む。 そして一度ニューヨークを離れて採掘場で金探しに明け暮れる(アイザック曰く、「地球から盗む」)が、エニスからの手紙をきっかけに「1931」でチェスワフ・メイエルを助けたりしながらニューヨークに戻る。

その後「マルティージョ・ファミリー」と「1931」で知り合ったジャグジー・スプロットの不良集団などと親交を深めつつ生活する。

「1933」で事件のど真ん中に立ち会うも、ただいただけにとどまった。(なにか見たような事を口絵で言っていたが・・・)

「1934」の事件でロニーになにかしら聞いていたので、やはり何か確信を得るものをみたのだろう。