マリア・バルセリート

マリア・バルセリート

日本刀を振り回す殺し屋。 メキシコ系。 口癖は「アミーゴ」

「1932」でグスターヴォ・バジェッタに対『葡萄酒』用として雇われたが、あっさり敗北。

その後、キース・ガンドールの男気に惚れてガンドールファミリーに居つく。

「1933」ではチック・ジェファーソンと共に不良集団のいる家に向かうが、そこでアデルと対決。

そこではロニー・スキアートの介入によって勝負は水入りとなったが、次の対戦時に勝利する。