ベグ

ベグ

不死者。薬の後遺症でつっかえつっかえしゃべるが、昔はまくし立てるように喋っていた。

ルノラータ・ファミリーで「麻薬」を作る役割をしていた。

幸せになれるか」を研究しているうちに、クスリ作りをするようになった。

ロイ・マードックにその可能性を見出すも、結果としてその考えを否定される事になる。

そこから覇気をなくし、バルトロ・ルノラータの死後、殆ど何にも反応せず病院生活を送る事になる。

チェスワフ・メイエルと既知。 「1931」でチェスが運んでいた爆薬ペグが注文した。

本名 ベグ・ガロット。(1705より)