ヒューイ・ラフォレット

ヒューイ・ラフォレット

不死者。 自分以外は誰であれ(実の子のシャーネ・ラフォレットですら)実験材料としか見ていない。

唯一、エルマー・C・アルバトロスだけが友人と言える間柄である。

いろいろと研究しているらしいけれど、一番の研究課題は「不死者はどこまでいけるのか」。 社会にどのように影響を与えられうるのかを研究している。

テロリスト組織をあちらこちらに作っている。(確認されているだけでも、「レムレース」「ラルヴァ」「ラミア」などがある)

「1931」にアルカトラズ刑務所に送られ、「1933」に更なる隔離をされつつ、ラッド・ルッソに命を狙われている。