チェスワフ・メイエル

チェスワフ・メイエル

不死者。 姿は幼いが当然のように数百年を生きている。

一時期、フェルメートと共に生活していたが、彼がどんどんと狂った行為をしてくるようになり、最後に彼を「食う」。

その結果、彼の自分への気持ちを知るに至り、人間不信になる。

「1931」でベグに依頼された高性能爆薬を運ぶのと、マイザー・アヴァーロに会う為に「フライング・プッシーフット」に乗り込む。

この時『線路の影をなぞる者』に何時までも残る恐怖を植えつけられ、またアイザック・ディアンミリア・ハーヴェントに助けられ、エニスの弟として居つくことになる。