サマサ

サマサ

ジェノアード家でただ一人残った家政婦。 妙ななまりのあるしゃべり方をする。

レアン・ドゥーガーと知り合いで「1932」ではこの事が事態を更にややこしくする。