クレア・スタンフィールド

クレア・スタンフィールド

殺し屋。 その殺し方から『葡萄酒』という名前で呼ばれる。

「1931」まで車掌として働くかたわら殺しを引き受けていたが、「1931」の事件で行きがかり上死亡扱いになってしまう。 この時『線路の影をなぞる者』を名乗る。

またその時にシャーネ・ラフォレットプロポーズするが、戸籍がないと結婚できないと言う理由で「1932」でフェリックス・ウォーケンに戸籍を譲り受ける。(この時、一戦交えたようだが詳細は不明)

「1933」では不良集団の切り札として登場。 そのわりに全く関係ない相手と一戦交えてしまう。

フィーロ・プロシェンツォ、ガンドール三兄弟幼なじみ