キース・ガンドール

キース・ガンドール

ガンドール三兄弟の長兄。 寡黙。 電話では雄弁になるらしい。

フィーロ・プロシェンツォクレア・スタンフィールド幼なじみ

「1930」の事件で不死となる。

それ以後も寡黙ながらも存在感のあるキャラとして描かれる。 「1932」では電話一つで事態を一まとめにしている。

その渋さにやられて、マリア・バルセリートはガンドール・ファミリーに入る事になる。