エドワード・ノア

エドワード・ノア

「1930」の時に警部補としてニューヨークに勤務。

フィーロ・プロシェンツォを更生させようと考えていた。

「1931」の時にFBI捜査官になり、不死者専門になる。ヴィクター・タルボットの部下。

「1931」以降あまり出番は無い。