『仮面職人』

『仮面職人』

『ロットヴァレンティーノ市』発の犯罪組織。

最初はモニカ・カンパネルラ一人だったが、『1705』の事件で一つの犯罪組織として活動を始める。

モニカの死後はヒューイ・ラフォレットへの仇討ちという使命も帯びるようになる。

代々三角錐剣が受け継がれている。